離婚調停の慰謝料の相場

個別の状況によって金額は変わる

今や結婚したカップルの3組に1組が離婚する時代になったと言われています。

 

双方の合意の下、円満に結婚生活を終わらせるというカップルもたくさんいますが、中にはどちらかに有責があり、結婚生活が破綻したというケ−スも少なくはありません。

 

そういったケ−スでは、通常の場合離婚調停で慰謝料というものが発生しますが、その相場とはいくらぐらいのものなのでしょうか。

 

 

このページでは慰謝料の相場について紹介していきます。

 

 

 

相場はケースバイケース

 

全てのカップルが同じ経路を辿る訳ではないので、ケースバイケースとはいえ、大体の相場を知ることはこれからの人生で役に立つ日が来ないとも限らないのではないでしょうか。

 

金額については自由に決めることができるので、社会的地位が高い人や芸能人等では相当高い金額が表ざたになり週刊誌等を賑わしていますが、現在の社会で離婚調停での慰謝料の現実的な相場というのは、大体50万円から300万円ぐらいだと言われています。

 

 

50万円と300万円ではかなりの差額ですが、この金額の差というのは状況によって左右されるということをまずは頭の中に入れておいてください。

 

 

夫婦が別れる理由で多いのがどちらかの浮気ですが、浮気や不倫が原因の場合は、大体100万から多い場合は500万というの相場となるでしょう。

 

この場合、決定的な浮気の現場を押さえた証拠の有る無しや、浮気相手に子供ができた等の個別の状況によって金額は変わってきます。

 

それから近年増えているモラハラやDVといったことが原因の場合では、その暴力の度合いや期間に応じて金額は増減します。

 

 

 

軽度な場合で50万ぐらいからで、障害を遺したり精神を病んでしまったという際には、500万ぐらいにアップすることもあります。

 

そして、特に浮気をされたという事実はないにしろどちらかが一方的に性格の不一致や性生活の拒否を唱えての離婚というケースでは慰謝料はまったく発生しないか、発生したとしてもせいぜい50万ぐらいになることが多いようです。

 

 

自分にとって苦痛でしかない結婚生活を終わらせて、新しい人生を歩むことを決めたなら、なるべく多くの慰謝料をもらいたいというのは、当然のことと言えるのではないでしょうか。

 

 

金額を上げるためには是非、弁護士に相談することをおすすめします。

 

 

たまに、相手に浮気をされて別れ話が出た時は、頭に血が昇ってお金はいらないからとにかく別れたいなどという人がいますが、いざ別れて時間が経ってみると弁護士に相談してきちんと慰謝料をもらえば良かったと後悔したという話は枚挙にいとまがありません。

 

 

新しい人生の一歩を踏み出さなければならないからこそ、お金は邪魔にはならないということをしっかりと覚えておいてください。

 

 

妻に許してもらい離婚を回避する方法の詳細はこちら